【ダイエット業界最大のタブー】本当は「チートデイ」なんか作ってはいけない理由

裏ダイエット

「チートデイ」という言葉が一般的になったのは、いつからでしょうか?

おそらく、

酵素ドリンク

スムージー

といった、各種「ダイエットドリンク」が流行り始めた時期と同じくらいだったと思います。

もともとは「トレーナー」といった専門家が使っていた言葉になりますが、最近では一般的なものとして認知され、ダイエッターの中では”チートデイ”という言葉を使うことが、なんだか”通”な感じになっています。

改めて、チートデイとはなんでしょうか?

ダイエッターやトレーニーであれば、ほとんどの方が大体はご存じだと思います。

簡単に言えば、

食事制限をしつつたまにいっぱい食べてもいい日を作る

”その日”こそが、チートデイと呼ばれています。

「チート」という言葉は、もともとはコンピューターゲーム用語です。

制作者が意図しない方法(バグ)を使って、優位な結果をもたらす手順を指します。

一言で言えば、「ズル」です。

その日だけは自分を甘やかしていい日

という意味も込められているチートデイ。

減量を志す多くの方の多くも導入されていることでしょう。

また、世の「ダイエット専門家」の多くが推奨しています。

しかし、それは本当にメリットのあることなのでしょうか?

本当にズルいのは、一体誰なのでしょうか?

ダイエットに成功してもらっては困る人達がいる

結論から言えば、「過度に明確なチートデイ」は作らない方がいいです。

つまり、「チートデイと呼べる日」を作るべきではありません。

その理由とは・・・

カロリーの摂取量が増えるから

という、超単純な理由です。

ダイエットする人が、まず避けるべきである要素そのままなのです。

チートデイとは、ダイエットの失敗を招く日なのです。

チートデイなんか作るから、いつまで経っても痩せないのです。

そもそも、チートデイを作るべきとされる”理屈”として・・・

カロリー制限を続けていることで

その制限されたカロリーに体が慣れてしまい

そのカロリーに合わせて体が動くようになる

もしくはカロリーの燃焼を自分で制限してしまう

それによって、痩せなくなる。

他にもいろいろな理論が挟まれることになりますが、

  • 制限されたカロリーによる減量効果が下がってしまう
  • そのままではいつか減量が止まってしまう日が来る
  • そうならないように体を騙す

ということです。

言い方を変えれば、「逆に代謝が悪くなる」ということです。

そうならないように、

時々過剰にカロリーを摂取して体を勘違いさせる(もっと燃やせと)ため

チートデイを設けるべきだ、ということが一般論のように広まっています。

初めてこの理屈を聞いた後は、なるほどそうなのか、と思ってしまうものです。

「本当にそうなの?」と疑ってみた人は少ないと思います。

調べるほどに、各種専門家が述べている”それらしい”ことばかり書いてあります。

しかし、その理論が正しいとは限らないのです。

「作るべきではない」という理論も、しっかり存在します。

むしろ、

  • ダイエットを失敗させるため
  • 永遠にダイエット商材を利用させるため

そのために、”チートデイという言葉”が広められたとも考えられないでしょうか?

チートデイを推奨する人・メディアというのは

「君が痩せてしまっては困るんだよ」

ということを言っているのと同じものだと、考えてみる目線も必要です。

「加減」をコントロールすることが大切

もちろん、どちらが正しいのかはっきりとは言えない、分からないことです。

その人によって、状況、体質によっても違うでしょう。

ただし、少なくとも

「なんでも好きなように食べたいだけ食べていい日」

とは思わないようにしましょう。

ダイエット中の人間が、

いくらでも過剰に摂取していい

わけがないのです。

せっかく続けて来た、痩せて来た結果を帳消しにしてしまうリスクでしかありません。

基本的には、カロリー制限は”継続してなんぼ”と考えましょう。

チートデイを設ける理由として、「ダイエットのストレスを減らすため」という意見もあります。

これに関しては、確かにそういった息抜きも必要であると考えられます。

特に「リバウンド」をしやすい傾向にある人は、我慢のし過ぎがリスクになることもあります。

ただし、その際も決して際限なく食べてしまうことのないように。

しっかり計算して、ギリギリのラインで楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました