酵素ドリンクの”酵素”って一体なんのことで結局飲む意味はあるの?-効果があるとかないとかどっちなのか-

酵素の話

「酵素ドリンク」が、なぜ酵素ドリンクなのかと言えば・・・

「酵素」が入っているからです。

ファスティングブームに伴って知名度が上がった酵素ドリンクは、今や特別に健康志向でない人にも知られるようになりました。

かつては「青汁」一本だった健康ドリンク業界に一気に押し寄せ、シェアを広げ続けています。

そして、この酵素ドリンクの話につきものなのが・・・

本当に効果があるの?

どんな効果があるの?

という問題です。

その答えとして、

酵素は結局タンパク質として分解されてー

アミノ酸に過ぎなくてー

効果がないわけではなくてー

みたいな、それなりの話は聞いたことがあると思います。

まず最初に・・・

分かっているとは思いますが、

酵素ドリンクを飲めば肌がきれいになる

酵素ドリンクを飲めば痩せる

ということはありません。

そういったことを明確に述べていいのは「医薬品」であり、仮に医薬品だとしても「それだけで痩せて綺麗になる」というものは存在しないはずです。

あったら、何もかも解決してしまいますね。

そもそも”酵素”とは

酵素とは、本来はすでに人間の体内に存在しているものです。

つまり、自分の力で作り出すことができます。

そしてその役目とは、主に<代謝>になります。

代謝と聞くと、やはり”ダイエット”をイメージしがちです。

そういった点からも、「ダイエットにいい!」と広まった(広めた)理由と考えられます。

しかし、本来の働きはもっと地味です。

食事によって摂取した様々な食材や栄養素を分解して吸収する過程を助ける触媒

というものが、本来の酵素の姿です。

広く知られる酵素が、まさに「消化酵素」です。

酵素のほとんどと言ってもいい存在です。

デンプンと分解して糖にする「アミラーゼ」という酵素や、タンパク質を分解する「ペプシン」という酵素の話は、必ず「理科」の時間に聞いたことがあるはずです。

同じです。

酵素の役割というものは、理科ですでに習っているものがほとんどなのです。

酵素ドリンクを飲む意味

で・・・

それらをドリンクとして外部から取り入れること、ドリンクに含まれる酵素には効果があるの?と。

「カプセル」でも「生酵素」でも、聞きたいことは同じだと思います。

そういう商品って、意味あるの?と。

なんで効果があるの?と。

それは何を求めるのか?でも変わる問いです。

”飲めば痩せる”ということを求めているのであれば、その効果はありません。

それでも、酵素ドリンクのユーザーというのは、はやりダイエッターが多いです。

「痩せる系の効果はないんですか!?」

となりますね。

”ある”とは絶対に言えません。

しかし、”ない”とも言えないものになります。

あると言えるない理由は、あると言うのは軽い罪だからです。

ただし、「全くない」とも言えません。

確かに、「どうせ消化されてしまうから意味がない」という理論もあります。

しかし、「それでも効果がある」という理論もあるのです。

これは「乳酸菌」と近いかもしれません。

乳酸菌がお腹の調子を整えるのは、はっきりと判明している効果です。

しかし、一般的な乳酸菌飲料といった商品には

「乳酸菌(殺菌済み)」

と書かれています。

「殺菌されてしまった菌に効果があるの?」と思いませんか?

効果は、あります。

これもしっかり判明しています。

”結果的に”痩せられればOKと考えながら

ダイエットにおける酵素の効果としては、

  • めぐりめぐって減量効果をもたらす
  • ダイエットにメリットがある働きはするよ

ということで、決着がつくことが多いです。

その効果の1つに「便秘解消」といったものがあります。

酵素で便秘が解消することはありません。

酵素ドリンクの中には食物繊維や乳酸菌を含むものもあるので、そちらの効果が高いと考えられます。

しかし、”結果的に”酵素によって便秘が解消された可能性も否定できません。

代謝がよくなったことで、結果的に便秘が解消された可能性もあります。

これこそが、”効果があるともないとも言えない理由”でもあります。

あくまで「道具」として認識するべき

そもそも酵素ドリンクは、ファスティングの際に使うべきアイテムとされています。

しかし、そこまで大そうな理由があるわけではありません。

その最大の理由は、「他の飲み物よりもマシだから」というものです。

「コーラ」等のジュース飲むよりは、酵素ドリンクの方がいいでしょと。

一方で、「甘酒」は立派な酵素ドリンクです。

ただ、ファスティングに向いているかと言われれば微妙です。

だったら、ちゃんとした酵素ドリンクにすればいいでしょと。

これはファスティングに限らず、日常的に飲む場合でも同じです。

「サプリ」や「プロテイン」と同じだと思って、軽く酵素を取り入れるイメージで飲めばいいのです。

効果があるのか疑いながら飲むのは、あまり意味がない気がしませんか?

疑って飲むと、余計に効果がないように感じるはずです。

だったら、むしろ飲まない方がいいです。

酵素ドリンクって、なんだか体によさそうですよね。

体によさそうなものを摂取するのは、なんだか前向きになれる気がしませんか?

「なんだか痩せる気がする」

とい考えるのは、減量する過程でとても大切なことです。

鏡を見ながら筋トレすると、そうでない場合よりも効果があると言われています。

実際に、効果があるようです。

同じです。

「痩せる!」と思いながら飲むことで、(それが酵素ドリンクでなくても)痩せやすくなるかもしれません。

あくまで、”想像”のお話です。

しかし、意外とバカにできない話でもあります。

やってみて、損はないはずです。

タイトルとURLをコピーしました